2019年06月07日

日本人の景観認識と景観政策(土岐寛)

 早くも6月。こないだ春分を迎えたばかりだと思ったのに、もう夏至が間近に近づいています。9月に大学院の入試を受験予定なのですが、そろそろそれを見据えて関連する本を読んで行こうと思い、先輩に勧められた本を手にとってみました。

 土岐さん自身は法学畑で地域自治や都市政策を専攻されている方ですが、「景観」問題は都市計画学、建築学、都市社会学、景観工学、地理学など文理問わず幅広い分野の関わる問題であります。
 この本の構成は、日本の貧困な都市景観を背景に、日本における景観研究/都市美運動の軌跡を分野横断的に辿り、日本人の風景観や都市史/景観史を確認した上で、「景観に関する意識調査」を参照したり、各地の景観条例や景観訴訟をたずねながら良い都市のあり方を追求するというものになっております。
 かなり多様なトピックに渡りますが、この本に通底する筆者の問題意識としては、日本は欧米諸国と比べ、私的所有権が強いことや伝統的な建築・都市空間のあり方の歴史などの経緯から、私的空間の造形意識は高いが、公共空間への意識が低く、街並みが乱雑醜悪なものになってしまっているということがあげられます。こうした言説は都市論の世界ではかなり一般的で、そろそろ慣れてきたし納得はしていますが、私自身初めて聞いたときは、日本人は集団意識、同調圧力が強いというイメージがあったため、少し驚いた記憶があります。

 都市史/景観史については知りたい内容が網羅されていたわけではなかったのが残念でしたが、日本の都市景観論の研究史がざっとまとめてあったのが参考になりました。また今後もっと各論に触れた本を読んで勉強していきたいと思います。

 ぼうっとしていたら院試三ヶ月前。まだ対して何も勉強していないので、いい加減積極的に勉強していかないとなぁと感じます。頑張らないと。
posted by みさと at 14:34| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(政治/経済,社会科学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする