2019年04月16日

日本の樹木ポケット図鑑(増村征夫)

 増村征夫さん著、340種を収録した樹木図鑑です。森林科学の人が使うような本格的な辞書ではありませんが、街路樹から山の木に至るまで、身近な樹木は一通り収録しています。花や葉、果実、樹皮など、植物をそれぞれ特徴的な部分ごとに分けて収録しているので、素人にも探しやすいです。
 文庫サイズで携帯しやすいのも良い。隙間時間の暇つぶしに、と思って通読しましたが、読み物としても面白いです。北原白秋の「この道」に出てくる「アカシヤ」は「ハリエンジュ」=「ニセアカシヤ」だとか、文学的な小ネタもところどころに入れてくれているのが私の関心とも合って嬉しかったです。
 最近造園への関心が強く、もっと植物を覚えたいという思いが強くなってきております。森林科学の人に声かけて、里山かどこかを一緒に歩いてもらおうかなぁ。
posted by みさと at 10:23| 奈良 | Comment(0) | 読書(農学/林学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする