2019年03月30日

鏡の国のアリス(ルイス・キャロル)

 ルイス・キャロル作、中山知子訳の児童文学で、『不思議の国のアリス』と対になる作品ではあります。フォア文庫で読みました。『不思議の国〜』の方は即興で作られたものであり、破綻した世界観のイメージが強かったのですが、『鏡の国〜』は机上で書かれたものであるらしく、比較的整頓された印象。とはいえ、やっぱり『不思議の国〜』の香りは残して一つ一つのお話は、切り絵のように断片的で、夢を見ているような感じ。しっちゃかめっちゃかで面白いのですが、一つの物語として評価するには、少し難解な感じもします。
 チェスゲームの世界をモチーフにした物語で、アリスは白のポーンで、女王に「成る」ことを目指して世界を冒険して行きます。登場人物たちの行動も、それぞれチェスの動きに連動しています。こうした枠組みがあることが、『不思議の国〜』よりもとっつきやすさを与えている感じはしますが、やっぱり難しい。
 なんていうものの、とても魅力的なキャクター、世界感に彩られ、とても楽しく心躍る作品だと思います。子供心をとってもくすぐる。

 今では日常何気なく使っている鏡というものが、子供の頃は特別な存在であり、不思議で、怖くて、魅力的に感じていた記憶があります。覗くと現実世界と双子の空間が広がっているのに、決して入ることはできない。もし入ってしまったら、どうなるのだろうか。鏡ごしに向き合っている自分は一体何者なのか。どうやっても一部しか見ることのできない鏡の中の世界の先は、どんな風になっているのか。現実と同じように広がっているのだろうか。
 お話自体にも、鏡の要素がちらちら。トウィードルダム・トウィードルディーノ双子とか、白と赤の女王の性格の違いとか。あと、チェスのゲームの構造というのもそうですね。
 鏡って、素敵です。

 ジャバウォックの詩を始め、この作品にはしゃれや言葉遊びをたくさん散りばめられていますが、邦訳の際、どのように扱ったのかが気になるところ。友人が持っている新潮や角川の訳と比べてみると、その違いに驚きます。角川は韻踏みなどを忠実に守ろうとしているのですが、このフォア文庫の訳は子供向けでわかりやすくしているため、ある程度省略している。とはいえ、フォア文庫はフォア文庫で優しくて、角川や新潮にはない良差のある訳です。翻訳の難しさを感じます。。原文でも読んでみたいと感じる作品でありました。
posted by みさと at 21:58| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

斜陽 他一篇(太宰治)

 岩波文庫で読みました、太宰治さんの小説です。『斜陽』のほか、『おさん』が収録されています。都内の家を追われ、伊豆に移住した敗戦直後の没落華族家庭の親子の様子を描いた作品であります。「斜陽」という言葉に没落の意味を与えたのはこの作品だったとかいう話も聞きます。
 語り手であるかず子は恋と革命を志向し、弟の直治は世間とのずれの中デカダンに向かい、母は「最後の貴婦人」の気品を保つ。政治体制の変革の中、滅びてゆく社会階層の哀しさが美しく描かれた作品だったように思います。母が華族であり続ける一方で、かず子・直治はそれぞれ古くからの名家の価値観と、新たな/民衆の価値観との価値観とに翻弄され流様子が描かれています。結婚・恋愛・性行為が一体となるロマンティックラブイデオロギーは近代特有のものでありますが、この作品ではそうした価値観とおそらく出会って間もない上流階級の反動的な?直情が感じられます。(性や愛にまつわる価値観の変遷をしっかり理解しきっていない気がするので、もっとしっかり勉強したいところであるとも感じました)
 とりわけ印象的なのは、かず子が恋を達成した直後に描かれる、直治の残した遺書。散々下品に、退廃的に描かれてきた直治でありますが、「姉さん。僕は、貴族です。」で終わる遺書の文体は訴えかけるようでありながら、なんとも優しく、気品があり、美しい。
 小説全体が、散文でありながら、どこか音楽的な美しさを持っているようにも思いました。流麗な朝餉の場面から始まり、都落ち生活を悲しくも穏やかに描き、直治の帰宅、上原の影がちらつくあたりから、激しさをまとってゆく。直治の日記やかず子の手紙も効果的に挿入され、作品に起伏をつけています。特に、母の死と同時に、「戦闘、開始。」のフレーズとともにかず子の恋と革命の情動が盛り上がって行くシーンなどは、イデオロギーの革命を表す効果を示すと同時に、この作品の音楽性を高めている秀逸な構成だと思います。そう、音楽。この作品を表すのに、「音楽的」という言葉がぴったりな感じがします。

 もともとこの作品を読み始めたきっかけは、谷崎『細雪』を読んで、没落してゆく上流階層の悲しくも華麗な世界に憧れたから。この作品は、時代が少し降ることもあり、谷崎のもの以上に没落の様子を強く描いた作品であります。
 太宰自身が津軽の地主の生まれで、この作品は農地解放後の凋落を受け、チェーホフの『桜の園』を自らの家になぞらえて作ったのがこの作品と言います。(太宰の生家・津島家住宅「斜陽館」は重要文化財にも指定されています)
 こうした話に惹かれるのは私自身も農地改革で一度没落した豪農の家系だからというところがあるからでしょうか。今では経済的には立て直したものの美的感覚などはかなり一般的な家庭と変わらなくなってしまっているため、かつて自分の数代前の先祖も持っていたかもしれない上流階級の美学や、かつて自らの家が体験した没落の悲しき美しさのようなものに(それが幻想かもしれないとしても)憧れを感じているからでありましょうか。チェーホフの『桜の園』もまた手にとってみたいです。

 太宰作品の中では、『女性徒』と並んで好きな作品です。あの作品の透明感と、この作品の音楽性。もともと『人間失格』のデカダンと『走れメロス』の明快さのイメージが強かったのですが、こうした美しい作品が、なんとも好きであります。
posted by みさと at 20:57| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

夢分析(新宮一成)

 新宮一成さんによる新書です。新宮さんは現在奈良大学の教授をされている精神医学・精神分析学の学者さんで、前任校が私の在籍する京都大学人間環境学研究科/総合人間学部です。私が入学する前年に退官されたので、直接お会いすることはありませんでしたが、後任の松本卓也先生の研究室に在籍する友人もおり、少し親しみがあります。京大教養部系の精神分析学はラカン研究に特色があるという話も聞いたことがありますが、新宮さんもラカン研究で業績を残されております。

 この本は、ラカンより以前のフロイトの『夢判断』を基礎として、夢分析を行い、人間の無意識を探るという内容。具体的事例を多く取り上げており、初学者でも平易に理解できると思います。
 空飛ぶ夢が言語の習得の記憶と結びついているとか、虫にたかられる夢は妊娠への意識を暗示しているだとか、車に轢かれることが性行為を意味するとか。エディプス神話と結びつく三つの類型夢(裸で困る夢、近親者が死ぬ夢、試験の夢)があるだとか。夢には汎人類的な類型があるというのが定説となっているように書かれていますが、中々初学者には新鮮で、どのように証明したのか(あるいは分析学の世界ではどのようなレベルで証明したということになるのか)気になるところであります。
 不思議な感じはしますが、面白い。とりわけエディプスのトリアス(三類型夢)がそれぞれ人間の社会的成長と深く結びついているという理論は興味深く読みました。
 モチーフばかりでなく、夢に現れる数字に意味があるというのも、中々信じがたいですが面白いところ。三はファルス(象徴的意味を持った男性器)、四は結婚と結びついているだとか。なぜ数が象徴的な意味を持つようになったかについて、新宮さんは、幼児が人間がいかにして増えて行くかについてーーひいては性の問題について、性行為ではなく、純粋に「数」で把握していたからではないかと述べています。人間は、数によって社会を把握していると言います。

 夢分析は中々興味深く、自分も夢日記をつけて分析しようかなと思うほど刺激的ではありましたが、詳しい理論を知らない私のような初学者にとっては、少し飛躍的な論理構成で、戸惑いも感じました。少しの勉強ではとんでも科学と簡単に結びつきそうで、もう少ししっかり精神分析学について学んでみたい気もします。

 そう言えば、精神分析学というものは人文科学、社会科学、自然科学のいずれに当てはまるのか、不思議な感じがします。医学系の研究者(フロムなんかは社会心理学ですが)が多いですが、明らかに人文主義的なアプローチをとっている。それを言えば、私の所属する建築学なんかも人文主義的なところが大きいですし、農村社会学や生態人類学なんかもそうですし、理系出身者が人文的な手法を取ることは普通のことなんだなぁと思います。(記事分類は新宮さんが医学出身ということで自然科学の方に入れてます)
posted by みさと at 14:37| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(他自然科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

図説|伊勢神宮(松平乘昌監修)

 松平乘昌さん編の図説的ハンドブックです。伊勢神宮についての基本的知識と伊勢神宮の展覧会における図録的な意味をもって刊行されたものだそうです。執筆陣も学芸員の肩が連なります。松平氏自身は学芸員ではないようですが、展覧会などの企画・監修に多く関わられている方だそうです。美術/歴史の資料の図版たっぷりに伊勢神宮についての歴史的知識をわかりやすく学ぶことができました。絵地図や参詣曼荼羅なんかは眺めているだけで楽しいものです。
 お伊勢詣りの予習として読みました。3時間ほどで読了できたので、ちょうど良い感じ。神宮徴古館、農業館、美術館には行きそびれたので今度参拝するときにはぜひ訪ねてみたいです。
posted by みさと at 16:45| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(美学美術史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

潮騒(三島由紀夫)

 三島由紀夫さんの小説です。鳥羽沖に浮かぶ歌島(現実の神島)を舞台に展開される若い漁夫と海女の恋愛劇の物語。
 三島作品は『金閣寺』くらいしか読んだことがなかったので、全然違う作風に少し驚きました。『金閣寺』のような難解さはなく、極めて平易な内容です。
 明るい漁村風景の中繰り広げられる物語は、極めて健康的で、理性的、見ようによっては図式的でもあります。女性や男性の肉体を描いた描写も多いのですが、それも谷崎のような艶やかさはまるでなく、まるで彫刻の裸像を見ているよう。独特の、清々しい官能を感じます。
 佐伯彰一氏の解説によると、ギリシャの小説『ダフニスとクロエ』を現代日本に翻案したものだそうで、そう言われると確かにそんな感じもします。物語中に出てくる少年・少女たちはどこか神話の登場人物のように現実離れしていて感じられ、温かな伊勢鳥羽の海も地中海に似合います。
 離島漁村という世界設定は、日本の土俗性を感じさせながらも、現代(=都市の時代)からは隔絶した印象も受け、ギリシャ小説の日本への翻案にはぴったりな感じ。
 来週の月曜日から鳥羽旅行へ行くので、舞台となった神島を訪ねてみたいと考えております。小説の舞台を訪れ、登場人物の動きをなぞるというのが、最近お気に入りの物語の味わい方。この小説の場合だと現実の自分と、『潮騒』の世界と、古代ギリシャの世界の三重の入れ子で、また不思議な感じがしそうです。
 鳥羽では「文学旅行」をテーマに、伊良子清白の家や江戸川乱歩館も訪問する予定。今から楽しみです。
posted by みさと at 12:38| 奈良 | Comment(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

近代とはいかなる時代か? モダニティの帰結(A.ギデンズ)

 アンソニー・ギデンズはモダニティーー近代性ーーについて、「脱埋め込み」という概念を立ち上げたことで有名な社会学者で、本書は彼のモダニティ論の中でも代表的なものであります。
 ギデンズの理論の最も基礎となるのが前回の記事で紹介した構造化理論です。これは、社会構造と人々の相互行為が再帰的に影響を及ぼし合っているというもの。モダニティ論も、この理論が根底にあります。
 ギデンズは、モダニティのダイナミズムを「時間・空間の分離」「象徴的通標」「再帰性」であると論じています。
 時空間の分離というのは、それまで個別の地域社会ごとにそれぞれ異なった時間軸を使っていたのが、グレゴリウス暦が世界を支配するようになることによって生じます。また、統一の尺度を持って時間を測ることができるようになったため、時間の空白化(モノ化とも言えるかもしれません)が進みます。
 さらに全世界が探検し尽くされ、地図に記載されるようになったことなどにより、空間も空白化、モノ化していきます。場所と空間が切り離されたとも言えます。グローバル化により、かつて対面においてのみ行われていた相互行為が、時間と空間を越えて行われるようになったのです。世界の裏側にいる人とも、電話をすることができるということにこの現象は象徴されるでしょう。

 また、「脱埋め込み」は行為を前後の脈絡、場所固有の価値からの切り離すという意味で、象徴的通票と専門家システムの二つの抽象的システムによって成立しています。
 象徴的通票はそれを手にする個人・集団にかかわらず流通できる相互交換の媒体で、貨幣に代表されます。従来物々交換で成り立っていた市場に登場した貨幣は、時間を括弧に入れ、市場をその場所その時間から脱埋め込みします。すなわち貨幣を媒介することによって、自らの商品を代償に欲しいものを手にいれる時間・場所を調整できるようにするのであります。
 専門家システムというのは、現代身の回りにあるありとあらゆるものが専門家によって、作られ、管理されているというものです。私たちは普段乗っている車の仕組みも知らなければ、道路がいかにして敷設されているのかも、その物理的・化学的特性も知りません。さらに、同じものーー例えば道路ーーを扱う専門家でも計画の専門家と構造の専門家とでは、互いに何をやっているか詳しくわかりません。このような状況は、原始社会の、身の回りのものは全て自分、ないしは家族で整え管理する世界とは全然違います。経験を隔離され、世界が断片化していると言ってもいいでしょう。

 「再帰性」というものがギデンズの唱える構造化理論にもっとも直接結びつくものであります。上に述べたような様々な事象により、人間の価値基準は、伝統的なものから脱却し、汎世界的なものとなりますが、「構造化理論」により、それは常に価値基準を問い直され続けることとなります。社会科学は社会を解釈し、理論や価値観を提示しますが、その理論や価値観は社会に影響を及ぼします。社会⇄社会科学の相互影響が常に発生し続けるということであります。

 言葉のキャッチーさから、「脱埋め込み」という言葉は様々な分野で頻繁に使われますが、実際ギデンズの理論を読んでみると、その理論の複雑さに驚きます。迂闊に社会理論の概念を使うと、頓珍漢なことを言ってしまいそうになるな、と感じ、教訓になりました。
 地理学や建築学の分野でも「近代」は一つのキーワードとなっています。しかし、その近代がいかなるものを指すのか、ここまで深く学ぶことはありません。。視覚的な空間現象を解析するのが地理や建築の役割ではありますが、その現象の奥底に流れるものを読み解く社会学の知見を学ぶことも、地理や建築の学生にとって必要なのではないかと思います。
 4月からは4回生で、卒業論文がそろそろ念頭に登ってきます。異分野のことを遠慮なく学べるのは今が最後のチャンスだと思い、勉強しております。遊びもするけど、できるだけ本を読もう…!
posted by みさと at 15:22| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ギデンズの社会理論-その全体像と可能性(宮本孝二)

 春休みは、思想・理論系の人文科学の知識を強化しようと思い、本を読んでおります。この本は桃山学院大学教授の宮本孝二さんが大阪大学人間科学研究科に博士論文として提出したものを書籍化したものであります。
 理論社会学の専門書ではありますが、ギデンズ理論の全体像を把握するために読みました。年代ごとにギデンズの社会理論を取りまとめ、最後にその理論の可能性を考察するという構成です。初学者の私には少し取っつきづらいところもありましたが、ギデンズの論考の大枠が把握できたと思います。
 ギデンズの理論の中心となるのは、「構造化理論」というものです。これは、主観主義的な理解社会学と構造主義的なパーソンズらの理論両者を批判し、それらを止揚するような形で唱えられたものであります。社会学史において、社会構造が人間行動を支配するか、人間行動が社会を形作るか、といった論争があったのですが、ギデンズは両者を一面的であると批判し、マルクス主義的な発想(利害、コンフリクト、パワーなど)を取り入れて「構造化理論」を唱えたのです。すなわち、構造が行為の条件となり、また同時にその帰結でもあるというものであります。
 また、ギデンズは「パワー」という概念を提示しております。パワーとは物的、精神的な資源(それには、時間や空間も含みます)を動員し、意思を実現/現実を変革する能力のことであります。すなわち、行為を行う際の能力であります。
 構造が変われば、パワーに必要な資源が変わって行う行為に変化が生じ、かつ、主体がなんらかの行為をなせば、ミクロの、ひいてはマクロな構造の変化をもたらすという仕組みであります。

 ギデンズ理論で面白いのは、やはりモダニティの話。「脱埋め込み」という議論はあまりにも有名ですが、恥ずかしながら初めてその理論の詳細を知りました。本書に引き続き、ギデンズ本人の『近代とはいかなる時代か?』を読んでいるので、脱埋め込みについてはそちらを読了した際にでも少し紹介したいと思います。

 また、ギデンズはマクロな社会理論のイメージが強いですが、ミクロな人間関係についても論考を発表しています。それは、近代における愛は、ロマンティックラブから「純粋な関係」でつながるコンフルエント(=流動的な)ラブに変化するというもの。近代に入って恋愛・性行為・結婚が一つながりのものとみなすロマンティックラブイデオロギーが支配的でありましたが、現代女性の自律化が進むと同時に避妊技術/生殖工学が発達し、三者が再び分解していきます。このような社会においては、人と人とのつながりは、純粋な互いの感情のみになり、流動的になるというシステムであります。
 現実には変化は一様ではなく、前近代の地縁・血縁に従属した結婚も残存していればロマンティクラブイデオロギーはまだまだ力を持っていますが、ギデンズのこの理論は、実感を持って理解することができます。
 
 社会学は、自分の普段考えているような、社会の分析を、極めて精緻な理論で説明してくれます。自分で何か、うまいこと思いついた!と思っても、高名な人がすでに概念化していたりすることがたくさんあって、少し悔しいような感じもしますが、とても面白いです。
posted by みさと at 13:14| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする