2019年02月27日

崇高の美学(桑島秀樹)

 なぜだか、春休みは思想系の本ばかり読んでおります。登山家として、山岳美学を巡ってよく取り上げられる「崇高」の概念を詳しく知りたくて手に取りました。
 この本の著者の桑島秀樹さんは阪大文学部美学科の出身で、現在は広大の総合科学部の教授をされている方。バークや崇高美学を巡る研究で功績を残されているそうです。
「崇高」とは、バークにより一つの美的カテゴリーとして定位され、カントによって厳格に体系化された概念で、苦・恐怖の中に沈潜していくうちに(カントにおいては、自らの「理性」を見出し、)反転的に創出される快の形であります。
 例えば、アルプスの山脈を訪れ、その圧倒的な量感を感じ、押しつぶされそうな、恐怖に打ち震えながらも、そこから感じられる、ある種の快。あるいは、石や岩、さらに現代においては鉄やアルミのような、無機物やそれで作られた人工物を見たときに感じられる、生への拒否感の恐怖、気味悪さの中から感じられる快。

 一番面白かったのが、3章「山と大地の崇高『崇高』 カントの人倫的崇高を迂回する道」における、崇高と「地」の結びつき。筆者はアルプスの山岳風景画などを描いたターナーを分析するラスキンの理論(地質学的視線)を通じて、崇高が「天」ではなく、「地」と深く結びついていおり、さらに日本の登山文化をめぐって、沢登りや藪漕ぎをピークハンティングと対置して「地」に沈潜する「崇高」を求める行為であると述べております。
 一般的に「天」をイメージするアルプスなどについても、ジンメルやラスキン、ターナーは、その著述、作品において大地に注目しているのです。

 私自身、沢登りや藪漕ぎをしておりますので、それらの崇高性は直感的に納得できます。しかし、作中で述べられていた冠松次郎や川崎精雄の感性とは、少し異なるような気もします。彼らは、地に沈潜する際、陶酔的で、自然の生の中に融解していくような美を述べていますが、私は彼らより臆病なのか、とりわけ沢登りをしていると、一歩踏み間違えば、集中力を切らせば死の世界へと転落していくのに恐怖を感じます。そこにあるのは、むしろラスキン=ターナー的な、あるいは、カント的な、苦や死の中に見出す快、「崇高」と言っても良いと思います。
 滝や岩の登攀。岩の割れ目を、凹凸を探り、つかみ、慎重に体を上げていく。あるいは、巻き(突破できない滝などを避ける行為)。どろどろの斜面に手を、足を突っ込み、木の根をつかみ、手足に精神を集中させ、這い上がっていく。
 体の、心の全てで、大地と、そして、自らの理性と、本能と、対話しているように思えます。

 他分野の本で、どうしても前提知識が不足しているため、理解が浅薄にとどまっているのは否定できませんが、「美学」という分野が、哲学の中でも実感を持って理解できる面が強いこともあり、楽しく読むことができました。他分野の、全然違う論理構成を知るのも興味深いし、良い勉強になりました。
posted by みさと at 12:57| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(美学美術史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

社会学理論のエッセンス(多田治)

 一橋大学の多田治さん著、デュルケム、ウェーバーからサイード、ライアンに至るまで、社会学の主要な理論研究を歴史に沿って概説した本です。平易な文体で140頁ほどにまとめられております。
 名前だけ知っている、という有名社会学者たちの言っていたことがざっくり理解できて、今後本を読んでいくときの基礎知識になりそうに思いました。

 最近とみに意識していた「集合的なものとして把握された集団の諸信念、諸傾向、諸慣行」について、デュルケムが「社会的事実」と名付けていたり、社会階層の再生産について「ハビトゥス」「界」「資本」をキーワードにして、わかりやすく整理していたり。自分の普段考えていることは過去の偉人たちがすでに高度に理論化している(しかも、それが基本的な学術的前提になっている!)ことを思い、巨人の肩に立たねば、新しいことを創造するのは難しいのだな、と痛感しました。人生をもっと深く考えるためにも、社会学はもっと勉強しよう…!

 各思想家ごとに参考文献もありますし、理論社会学初めの手引きにふさわしい一冊でした。
posted by みさと at 21:15| 奈良 | Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

村落からみた市街地形成 人と土地・水の関係史 尼崎1925ー73年(沼尻晃伸)

 沼尻晃伸さんの尼崎関連の一連の研究論文をまとめ、加筆の入った本です。沼尻さんは立教大の社会経済史の先生です。
 図書館でふらふらしてたら見かけて、自分の関心にかなり近いものであったため、テストを控えていましたが、迷わず借りました。
 旧農村の郊外住宅地を論ずる、珍しい論文。旧農村の郊外住宅地はその数の多いにも関わらず、都市研究や農村研究の時代的・空間的末端として扱われ、あまり主題に据えられることが少ない印象があります。

 舞台となるのは尼崎市の橘と浜田。それぞれ土地区画整理がなされた年代が異なり、時期や諸条件の差異を通じた比較研究が行われています。
 土地台帳や農地委員会議事録などの行政資料を用いる一方で、地主の手記や自作農の日記も取り入れています。住民がどのような意図・意識を持って土地とかかわり、市街地形成に影響を与えてきたのか。行政や大都市を中心に据えて行う研究は多くありますが、このようなミクロな視点からの研究は珍しく、価値あるものだと思います。
 私も、この論文のような、農村から見た郊外住宅地開発が自分の中のテーマの一つとして存在しています。名所の認識史もやりたいので、卒論のテーマにするかは微妙ですが、地元・柏原でこれに近い研究をしてみたい気もします。柏原は尼崎と違って、土地区画整理がなされておらず(それゆえ史料も少なそうですが)、また立地条件もかなり異なるところもあり、また違ったことが見えてくる気がします。実家の日記や小作・借地関係史料も使えたら、史料的な独自性もありますし、いつかは挑戦してみたいです。

 私は都市史・建築史の研究室に分属になり、卒業論文にのぞむことになるのですが、ここまで歴史学的な勉強をあまりしていないことが、少し悔やまれます。地理学や建築関係の勉強に時間を費やしてきたのは決して無駄ではないでしょうし、研究に役立つとは思うのですが。。。
 経済史・農史・都市史など、他分野から歴史的研究をする学者の方々は、どのように学部生時代勉強をしていたのか、気になるところであります。
posted by みさと at 09:44| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(政治/経済,社会科学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

いけばな 花の話を聞くとき(熊野寿哉)

 小原流の華道家・熊野寿哉さんのエッセイです。
 私は専門で空間論を勉強しているのですが、庭園を巡ったり授業で広場の計画を考えたりするうちに、空間の美、特に植物によって構成される空間の美について、もっと深く考え、感じてみたいと思うようになりました。華道は、空間の美の実践の一つの形、様式であります。そんなわけで華道を習いたいという思いが募ってきているさなかであります。
 それで図書館で手にとったのが、この本。蔵書の多い京大付属図書館においてもあんまり華道にまつわる本はなく、数少ないうちで一番入門書に近そうな本がこれでありました。
 はじめに生け方の様式が短くまとめられていて、それに続いて植物ごとの、いけばなの写真とエッセイがついているという構成。日本語と英語が併記されています。
 この本を読むだけで、華道の様式や作法の一通りがわかるわけではなく、入門書というよりも、あくまで軽い読み物といった感じです。それでも、華道の美の魅力はよく伝わってきますし、エッセイも文学的に素晴らしいというわけではありませんが、すっと入ってきて読みやすく心地よい。読んでいて華道への思いは高まってくる本でした。
posted by みさと at 13:31| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

卍(谷崎潤一郎)

 谷崎潤一郎の小説です。二人の女性の同性愛を中心に展開する卍がらみの人間関係をえがいた作品。一人称の女性が作者に語りかけるという形式で、訴えかけるような迫力があります。関西弁の一人称というのはなかなか珍しく、地の文にも使われている関西弁は、関西人の私にとっても、少し取っつきづらい感じがありますが、いざ作品に入り込むと抜け出せず、臨場感を高める役割を大いに果たしていると思います。
 この作品の一番の見所は、やはり登場人物たちの情動の描き方。ものすごく濃密で、複雑で、たくさんの感情が堆積し、撹乱され、圧縮された感じ。触るとドロッと糸を引きそうな。そのような激情を感じたことのない私にとって、読んでいて混乱するような、恥ずかしくなるような、不思議な感覚を覚えました。
 手紙の引用を持ち出すのも、かなり効果的に作品を盛り上げています。一定の長さの内容を持ち得て、かつ感情をそのまま吐露できるというのは、会話文や地の文の描写にできない手紙ならではの特色だと思います。
 終盤の光子の描かれ方は、『痴人の愛』のナオミと共通するところがあります。破滅的な、奔放な女性にあらゆるものをぐちゃぐちゃにされるというものが谷崎の理想美の一つなのかもしれません。
 作品の展開ごとに複雑に絡み合っていく人間関係、肉体関係、情動。「卍」というタイトルはミステリアスでありながら、それをよく表していて、この作品のえも言われぬ雰囲気をよく形成していると思います。
 そういえば、最近の若者言葉で「マジ卍」というものがあるのですが、それもこの作品を読みながら呟くのにぴったりの言葉だな〜、なんて、しょうもないことを考えたり。
posted by みさと at 16:25| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする