2018年03月16日

乳と卵

 川上未映子さんの小説です。ふと本棚にあるのを見つけて読みました。関西弁の口語体の文章で、豊胸手術をしようとする母親と、母親に対して口をきかなくなった思春期の少女を描いています。
 関西弁の文章は文としては破綻しているところもありますが、不思議と読みやすく引き込まれます。
 同時に収録されている『あなたたちの恋愛は瀕死』はたまたま不幸な形で出会う男女の模様が描かれています。個人的には、こちらの方が好みかな。
posted by みさと at 16:39| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(その他文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の愛国心

 佐伯啓思さんの本です。私の所属する学部の退官された教授さんの書いた本ということで読みました。
 「愛国」は近年力を増している論調であるように思えます。同時に、その反動のようなものも蠢いております。
 しかし、この「愛国」を唱える保守も、「愛国」を警戒する革新も、図式化された中、それ自体の理念というよりも対するものへのアンチテーゼとして存在しているような傾向があります。
 「保守」や「革新」がもともとの意味を考えると混乱した形で図式化されている(GHQ体制や安保体制の関係を考えればわかりやすいでしょう)ことは、それなりに理解し、考えていたつもりでありましたが、佐伯さんは第二次世界大戦の敗北を考究することでこの問題を深めています。「負い目を持つ日本の愛国心」という言葉にこのことは象徴されています。

 「愛国」の対象となる「国」とは何なのか?
 というのは、高校時代からずっと疑問に思っていたこと。ネイション=国民、市民社会なのか? 国家の統治機構なのか? 民族なのか? 「故郷」なのか?
 私が昔から浅はかな知識なりに考えていたことを、深く深く掘り下げてくれたような感じがします。私は愛郷心・「故郷」と愛国心・国家を厳格に区別し、想像の共同体としての国家というものへの信奉を批判していましたが、ある程度のところで結びついているということも気づかされました。
 国民国家における「ナショナリズム」の位置付けを整理できたのもよかったです。

 終盤の日本思想のところには、知識が浅く、なんとなくの理解しかできていない気がするのが心残り…。

 ナショナリズム、愛国心は安直な感情論に行き着きがちですが、この本のようなきちんとした論考を一冊読むことは、この問題を考えていく上で必要なことだと思います。
posted by みさと at 15:11| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(政治学/経済学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

檸檬

 梶井基次郎さんの短編集です。『檸檬』『城のある町にて』『泥濘』『路上』『橡の花』『過去』『雪後』『ある心の風景』『Kの昇天』『冬の日』『桜の樹の下には』『器楽的幻覚』『蒼穹』『筧の話』『冬の蠅』『ある崖上の感情』『愛撫』『闇の絵巻』『交尾』『呑気な患者』が収録されています。

 全体として鬱々とした雰囲気の話が多く、隙間時間に読もうとしてもなかなか読み進まなかった記憶があります。それで『泥濘』〜『ある心の風景』くらいがあまり入り込めずに、頭に残らず…。しっかりと本を読むための時間をとった部分は、印象に残った作品が多い気がします。暗い話は自分の気持ちも暗いときに読めばいいのか、明るいときに読めばいいのかって、結構難しい問題な気がします。

表題作『檸檬』は有名な小説ですが、読むのは初めて。京都丸善に行ったことを契機に読み始めました。鬱々とした生活の中の一事件が、様々な感覚描写を通じて鮮やかに描き出されています。沈みがちの心のモノトーンの上であるからこそ、鮮やかな描写が極めて美しく現れているように思います。鮮やかな黄色、ぎゅっと詰まった形、そのままでもほのかに酸い香り、ひんやりとした手触り…。檸檬一つが、これほどまで魅力的に思えてくるのも不思議な感じです。
 檸檬以外についても、寺町の明かりや花火、びいどろの味など、この作品は秀逸な五感の描写に彩られています。世界には、こんなに感覚が満ちているのか、と驚きを感じました。私は、生活していく中で様々な感覚をどこかで感じているはずなのに、魚が網をすり抜けるようにそれらを見逃している感じがします。
 『檸檬』の次には、『桜の樹の下には』が印象に残りました。「桜の樹の下には、屍体が埋まっている!」という印象的な冒頭から始まる掌編。どこかで聞いたことのあるフレーズだな、と思えば、恩田陸『図書室の海』に収録されている『睡蓮』に引用されていました。この先品では、生と死を憂鬱とグロテスクの中で結びつけています。生(特に生殖)というのは、生々しい気持ち悪さを備えているものでありますし、死も(「無」と結びつけられがちであるものの)実際のそれは、腐乱し蛆が湧き、おぞましいものであります。また、気持ち悪さという点で結びついているというだけでなく、「生」は「死」の裏返しであるという点も、この小説において重要な要素であると思います。
 花というものは、一見可憐に見えますが、それは言ってしまえば生殖器であり、よく見れば気味の悪さを感じさせるもの。そのような、なんとも言えない気味の悪さを、この小説はうまく表している気がします。
 上二編以外にも、秀作揃いの良い短編集です。お薦めは、『冬の蠅』『ある崖上の感情』『闇の絵巻』です。憂鬱な感覚で捉えられる情景の描写が、とても素晴らしいです。
posted by みさと at 18:39| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする