2018年02月19日

「かわいい」論

 四方田犬彦さんの本です。世間で氾濫する「かわいい」について、様々な観点から考察している本です。何かあればすぐに「かわいい」という言葉が飛び出る今のご時世。
 私自身、何かを「かわいい」という感覚がかなり遅くまで(高校時代まで?)なく、割と今でも「こういうものが世間でかわいいと言われるのだろう」という念をどこかで持ちながら「(あれって)かわいいね」などと言っています。ぬいぐるみや動物、赤ちゃんをかわいいと思う気持ちは、どこか相対視する気持ちがあるものの生じて来ました。どうも冷めてはいるのですが、トトロをカバンに吊したり、部屋にぬいぐるみを少し置いたりしています。
 しかし、女性をかわいいという気持ちは今でもよくわからないよく友人達が女の子をさして「あの子可愛いよな」といいますが、僕は女の子がかわいいというのがわからないまま。適当にうなずいたり首をかしげたりしています。自分の恋人ですら、愛おしいとこそ思え、かわいいという感覚はあまりわからないです。

「かわいい」という感情には、未成熟、弱い、小さいものを慈しむという、ある意味上から下を見下す政治性を帯びているということが書かれていました。男性が女性に対して「かわいい」と思う気持ちには、身長差による眼差しが影響しているのだということもあると言います。私が女性に対して「かわいい」と思う気持ちがあまり生じないのは、女性に対して、対等か自分が下に位置するような関係を築いてきたからかもしれないな、と思ったり。

 「かわいい」がグロテスクと深く結びついているというのも、面白い指摘でした。赤ちゃんやぬいぐるみなどの特徴を考える。大きな目や小さな頭身。確かに、身体的な不均衡、逸脱は、可愛いの要素であります。しかし、これを認識することは、「かわいい」を祀る現代人にとって、とても残酷なことのような気がします。自分の中で納得はしますが、社会の上ではある意味タブーであると思います。

 「かわいい」について考えること。社会でみんなが信じていることの虚構(と言っては言い過ぎではありますが)を暴くことであります。もっと深い論を考えてみたいと同時に、それが恐ろしくもあります。
posted by みさと at 19:20| 奈良 | Comment(0) | 読書(他人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

砂場の少年

 灰谷健次郎さんの小説です。

あらすじ
 元テレビディレクターで有機農場に務めていた葛原順は、教師をしていた妻・透子が精神を病んで休職したのを機に、自らも臨採で中学校教師となった。生徒個人個人と向き合わず、定められた規則や画一的な授業に拘泥する教師たちがいる一方で、葛原は「反抗的」とされる子ども達に輝くものを見出していく…。




 『子どもの隣り』を読んで以来、灰谷さんの小説に魅せられています。教育のあり方を問い直すというのが物語を通じて強いテーマとして設定されており、それに沿ったストーリーが展開されています。そう長い小説ではないわりに、たくさんの登場人物が出てきており、人物によって目立ち具合に差はありますが、それぞれ個性的に描かれています。
 読んでいると、自分自身の中高生活を思い出しました。もちろん時代も違いますし、この本ほど極端な管理教育はありませんでしたが。しかし、それでも先生の態度の中にはこの小説にかぶるものもあったりして、ちょっと苦い気持ちになったり。僕自身、人の期待するように行動する性向があり、割と先生に従順な態度をとっていました。嫌だとは言いながらも、試験や受験で良い成績を取ろうとしていたなぁ。この小説の生徒達のような、反骨精神・自立精神をもっと持ちたいものであります。西文平くんに憧れます。


 個人的には、教訓的要素が強すぎて、ややくどい印象を受け、『子どもの隣り』の方がお気に入りですが、なかなかに良いお話でした。
posted by みさと at 13:05| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(児童文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

ユタとふしぎな仲間たち

 三浦哲郎さんによる児童文学です。

あらすじ
 父の死とともに、東京から母の実家である湯ノ花村に居を移した勇太。彼は村の子供達から、東京のもやしっ子と言われ、なかなか馴染めなかったが、ふとしたことから、座敷わらし達と出会う。彼らとの交友の中で、勇太はたくましさを手に入れていく…




 高度経済成長期?の寒村を舞台にしたお話。正統派な成長譚といった感じですが、日本の寒村、またそこにある民話の世界をモチーフにしたのが特徴です。
 時に失礼なこともする勇太に対して、座敷わらしたちがものすごく優しいのが印象的。人間たちの方がよそ者の勇太に厳しいというのが皮肉な感じです。
 お話の構成も、舞台設定も、極めて完成度の高い児童文学だと思います。
posted by みさと at 15:23| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(児童文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする