2017年12月05日

海になみだはいらない

 灰谷健次郎さんの短編集です。収録作品は『海になみだはいらない』『きみはダックス先生がきらいか』『ひとりぼっちの動物園』です。

あらすじ(表題作)
 章太は海が大好きな島の少年。トクじじいの指導を受けながら、もぐりや魚とりをしている。ある日、都会から移住してきた少女・佳代と出会うが……。


 久しぶりに小説を読むと、面白くて一気に読み切ってしまいます。灰谷健次郎さん。以前、「子どもの隣り」を読んで惹かれた作家さんです。
 表題作は、二人の交流、海やトクじじいとの対話、お兄さんの事件を通じて章太や佳代が成長していく過程がみられます。章太と佳代のふれあいがどうも心に触れ、小学生の恋愛にドキドキしてしまいました。「真っ黒けと真っ白け〜」といって腕を比べるところが大好きです。
 ほかの作品も、物語を通して子どもたちが成長していく様子が描かれているものが多いです。『きみはダックス先生がきらいか』はその通底する主題が一番よく表れている作品。一般的な教師像と違う変わり者の先生にはじめは反発しながらも、次第にその人間性に触れ少年少女たちは成長していくというもの。児童文学らしく、明快で心地よい物語です。
 『ひとりぼっちの動物園』はさらに五つの異なる物語の集合です。どの話もわかりやすく、子供たちのかわいらしさ、たくましさ、成長がいきいき描かれています。『オシメちゃんは六年生』『三ちゃんかえしてんか』がおすすめですね。

 古い時代の話だからか、子供を題材にした話だからか、関西弁が使われているから(大学って地方から集まっているから結構標準語…)か、よんでいるとどうも懐かしい気持ちになります。スマホやパソコンなどデジタル機器にかこまれ、そうでなくても読書やハイキング、散歩くらいになっている自分にとって、この本の子供たちの遊ぶ様はとても懐かしく、うらやましいように思えました。
 最近大人に向かわざるを得ない義務感を強く感じる一方で、どうも子供への憧憬がますます強くなっていることをいろんなところで感じています。

評価:B
posted by みさと at 19:44| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(児童文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

図解 知識ゼロからの林業入門

 関岡東生さん監修の本です。東京農業大学の森林総合科学科の人たちが中心となって書かれています。林学の基礎の基礎がきわめてわかりやすく書かれてあるといった感じです。私は林学が専門ではありませんが、サークルで林業をやっており、また山村にも興味があるので、結構知っている内容が多かったのですが、まとまって確認できたのでよかったです。林産加工の話は全然知らないことばかりで、勉強になりました。
とてもわかりやすいので、林学入門書におすすめです。
posted by みさと at 17:29| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(農学/林学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする