2015年09月13日

地獄変

 芥川龍之介さんの短編集です。収録作品は『地獄変』『藪の中』『六の宮の姫君』『舞踏会』です。

あらすじ
 良秀は非凡な才能を持つ絵師だが、見た目にも醜く、絵のためであれば人の命をも危険にさらす非情の持ち主であった。そんな彼だが、唯一娘には煩悩で溺愛していた。あるとき堀川の大殿様に地獄変の屏風を描くよう命じられたが……。
 表題作『地獄変』ほか、藪の中で殺された男を巡る様々な食い違った証言を描いた『藪の中』、喜びも悲しみも少ない毎日を好んで送る姫君の物語『六の宮の姫君』、美しい菊と管弦楽の彩る艶やかな舞踏会の中人生の儚さが垣間見える『舞踏会』収録。




 受験生だというのにまたしても一気に読んでしまいました…苦笑。まあこうしてあらすじを書いたり感想を書くっていうのも現代文の勉強の一環ということで。記述力育成に…なるかなぁ笑。
 芥川さんといえば、中学二年のときに『藪の中』の短編集を読んで、『羅生門』に甚く感動を受けたのですが、それ以来。この人の作風、自分に合うな、などと思いつつも中々手を出せませんでしたが、ようやく。

 『地獄変』は、『羅生門』再びと言った体の感動。だんだんと狂っていくかのような不思議な迫力。良秀の奇行に得体の知れぬ恐怖感を抱きながら、同時に大殿にも薄気味悪さを覚えました。不安に近いような興奮が募ってゆくクライマックスシーンの、良秀の姿。やっぱり良秀も人の感情を持っていて、どうしようもなく可哀想だと思いきや…。ここまで芸術にこだわる良秀に、畏怖に近い尊敬と、微かな羨望、そしてやっぱりこういう人間とは付き合いたくないな、という思いも抱きました。芥川さんの芸術至上主義の表れなのでしょうか。
 良秀の描いた「地獄変」…。芥川さんのこの小説が、100年間の読者一人一人の心の中に投影してきたのですね。存在しない絵を、ここまで畏怖と感動を持ってみられるなんて、芥川さんの表現力ってほんまに凄いと思います。

 『藪の中』は、以前読んだときと比べものにならないくらいの衝撃を受けました。確か東野圭吾さんが『新参者』でこんな感じの構成の話を書いていたのを思い出しました。初めて読んだ中学二年のときは、推理小説一辺倒だったもので、「これってミステリ?」って思いつつ少し釈然としない思いを抱いていましたが、今回読んで、想像がいくらでも膨らんでいく名作だと思いました。読む人の想像力を上手く引き出し、かつ答えを一つに収斂させない。ある意味理想的な小説かもしれません。

 『六の宮の姫君』。これって、現代人を象徴しているようなお話ですよね。100年近く前に出された小説とは思えません。極楽も地獄も知らぬ…。現代人ってそんな状態を「平凡だけど幸せな」などと良いように言い換えて理想的な人生としている気がします。自分自身、そう思ってしまう時もよくあります。でも、人生無為に過ごすよりは、何か生き甲斐を持って過ごす方が良いと思います。平穏主義って結局自分の身を中心に考えている面もありますから。このお話は、そのことを気づかせてくれる良い小説です。現代の若者だからこそ読むべき小説。教科書に載せてほしいなって思います。

 『舞踏会』。題材的にはレトロなのに、全然古さを感じず、現代の本を読んでいる気分になりました。鹿鳴館の幻想、明治のノスタルジックな優雅さを感じさせるのに、同時にどこか清新な若々しさを感じさせます。明子の回想シーンはもちろんなのですが、ラストに出てくる小説家の青年ーー芥川さん自身でしょうかーーのごく短い描写からもそれが感じられます。最後の場面、本当に好きです。青年も、老婦人・明子も、ほんとに若々しい。昔を懐かしむおじいさんおばあさんって不思議な若々しさを持っているものだと思いますが、それが感じられるというのは他の小説ではなかなかありません。むしろ、そういう描写をするとかえって老いが強調されるものが多いくらいです。やっぱり芥川さんってすごいです!
 回想シーンから、現在に戻って筆者と思われる人物との会話に至るという設定、現代作家もたまにやる書き方ですよね。そこに大正小説が平成小説に通じるのを感じて、清々しい今様さを感じるのかもしれません。そういう平成の若者だからこそ感じるという個人的な理由こそあれ、やっぱり芥川さんの筆の妙がこの若さを生み出しているのに間違いはありません。この構成だからこそ生まれる小説の魅力が、精一杯引き出されています。
 ぜひこの物語も同世代の人たちに読んでもらいたいです。

評価: AA
posted by みさと at 20:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする