2015年05月24日

プロ弁護士の思考術

 矢部正明さんの本です。弁護士の体験談を通して、人生における物事の見方を教えてくださっています。物事を広視野を以って見る。具体的に考える。思いつく限りのオプションを考える。偶然を必ず考慮に入れる。自体がどう進んでも対応できるように案を考えておく。主体性を持つ。肩書きなどにとらわれず直視する。言われてみれば中々当たり前のことばかりのような気がしますが、実際この手のことを確信をもって言うことができるのは中々できないことかもしれません。いろいろなことを再確認することができました。

 特に「具体的に考える」というのは本当に重要だと思います。何事につけても、一般化した思考結果を具体的事象に敷衍するには限界があります。ある程度一般化というものが必要なことは否定できませんが、一般化を過度に行うことで個々の出来事への対応が粗雑になってしまい、誰かが涙を流すことになるかもしれません。そのことを、昨年度末のハンセン病フィールドワークで気づかされ、この本を読んでその思いを強くしました。

評価:B
posted by みさと at 20:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

歌の祭典

 昨日はラジオ大阪「歌の祭典」の公開収録を見に行ってきました。好きな歌手である工藤あやのさんと松尾雄史さんが出演されるとのことで、見に行こうと思いました。お二人の他、北川裕二さんと岩本公水も出演されていましたが、流石といいますか、ほとんど知らない歌い手さんなのに、全く退屈せず楽しんで聞けました。特に岩本さんの歌った「こまくさ帰行」と「漁歌」は迫力がすごくて本当に圧倒されました。
 工藤さんの美声、松尾さんのかっこよさ、北川さんの面白さ、岩本さんの歌唱力…今年は受験勉強で中々楽しい行事がない中、楽しい思い出になりました。
posted by みさと at 18:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする