2013年11月25日

柏原三郷の龍田川を知ってほしい

今日の朝日新聞の夕刊。龍田揚げに関連づけて、竜田川を法隆寺と並ぶ斑鳩の名所にしたいと載ってありました。昔記事に書いたことがあるのですが、あの竜田川は古く平群川などと呼ばれるもので、大昔にコピーされた地名。少し苦々しい気持ちになりました。
 本家本元としては柏原市の亀ノ瀬川(大和川)が学者たちのあいだでは定説となっているそうです。他にも、私は個人的に三郷町の関屋川説を挙げましたし、三郷町を本拠とする「龍田三室山桜の会」の方は柏原/三郷境界の「立田川」を主張していらっしゃいました。しかし、斑鳩のあの「竜田川」は江戸時代から完全に否定されてきています。
 しかし、現実に広まったのは観光で売り出した斑鳩側。嘘(というか、この場合はただの間違い)も唱え続ければ本当になるというのはよく言ったものです。ふと竹島とか尖閣とか、領土問題のことを思い出しました。私はどちらが正しいのかなんて分かりませんが、強く主張し続けた方が最終的に勝つのでしょうね。悲しいことです。

 斑鳩の観光協会などは否定しても否定しても、平群川を「竜田川」と呼び続ける。必死になって打ち消すよりも、柏原市と三郷町、そして王寺町、周辺自治体一丸となってこちら側の宣伝をすれば良いと思います。広報に載せる、観光コースを作るなどで地道に宣伝していくことで、100年後には柏原三郷の龍田川も広まるんじゃないかなと思います。斑鳩とは適当に折り合いをつけ、平群川は「復元した」龍田川のような形で宣伝を続ける。潰し合うよりも共栄の路を模索する方が建設的だと思います。
 このブログ記事も、少しでも柏原三郷龍田川の宣伝になればと思います。
posted by みさと at 23:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

御髪神社(京都市右京区)

 今回は京都市右京区の御髪神社を紹介します。嵐山観光コースの少し外れに位置する神社で、袋小路になっているためか、私が校外学習で訪ねたときは周辺は人であふれているというのに、この神社付近だけ人足が少し途絶えていました。

 従三位藤原采女亮政之公(ふじわらうねめのすけまさゆきこう)をお祀りしている神社です。政之は髪結、ひいては床屋さんの始祖となった方です。
 亀山天皇の時代、政之の父・藤原基晴は宮中で宝物係としてお仕えしておりましたが、宝刀「九王丸」を紛失してしまい、捜索のため諸国を巡りました。当時日本は蒙古の来襲に備えて、下関に武士を多く集めました。ここなら見つかるかもしれないと、基晴は文永五年に下関に定住します。そこで、基晴の三男の政之が髪結を生業としたのが髪結という仕事の始まりだとされています。政之の髪結は評判となり、幕府にも伝わり、亡くなるまで幕府御用達の髪結となったそうです。

 髪は神と同じ発音で、また人身で最も高い位置に自然より賜った冠でもあり、尊く力の宿ったものとする信仰が多くの土地に根付いています。御髪神社の境内には、髪塚と呼ばれる塚があり、願い事をしながら髪を奉納すると、ご利益があるとされています。

 この神社は、日本唯一の髪の神様で、理容業の方や、その関係の就職試験合格などの参拝にいらっしゃる方が多いとガイドブックに書かれていました。実際行ってみると、「ハゲ防止」の絵馬が多くかかっていました。私も友人と一緒にそういうお祈りをしました。男子にとっては(女子にとってもそうかもしれませんが)切実な悩みです。笑。でもほんとに、将来怖いですよね……。
th_kako-pTNcewjah8xuP4j1.jpg
posted by みさと at 23:35| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

野宮神社(京都市右京区)

 中世以前、斎王制度というものがありました。斎王というのは、天皇様の代理としてお伊勢さん(天照大神)にお仕えしていた女性のことで、天皇の娘、姉妹、従姉妹など、未婚の皇族から卜定と呼ばれる亀甲占いで選ばれました。彼女らは京から離れた斎宮と呼ばれる御殿で暮らしました。この制度は、後醍醐天皇の時代、南北朝の動乱で廃れてしまいました。
 野宮は、お伊勢さんに行く前の斎王が身を清めたところで、天皇様のご即位ごとに毎度定められました。嵯峨嵐山の野宮は、平安初期、嵯峨天皇の皇女である仁子内親王が斎王を勤められたときに使われたそうです。斎王制度がなくなった後は、現在の様な神社として存続し、後世の天皇様などにより手厚く保護され、現在まで信仰を集めています。
 神社前の鳥居も有名です。黒木鳥居と呼ばれる、樹皮を残した原始的で日本最古の様式とされているものであります。野宮神社では、くぬぎを建材としていまして、三年ごとに建替えを行っています。黒木鳥居は、鳥居両脇にある小柴垣と合わせて、源氏物語などの物語、謡曲、和歌、俳句等に表されています。
 源氏物語では「賢木の巻」に登場し、光源氏と六条御息所が一晩中語り明かし、そして別れの歌を交わした舞台となっています。
 主神である野宮大神(天照大神)を筆頭に、愛宕大神(鎮火勝運)、白峰弁財天(芸能上達)、白福稲荷大明神(子宝安産、商売繁盛)、大山弁財天(交通安全、財運向上)、野宮大黒天(良縁結婚)が御祭神としてお祀りされています。

 野宮神社は天龍寺とともに、嵐山観光の定番中の定番で、多くの観光客でにぎわっています。私も校外学習で訪れ、お参りとお祈り、またおみくじ(大吉でした!)などをして満喫しました。周辺の竹林を通る小径も見物で、ドラマなどで登場しそうな風景です。嵐山の魅力は、渓谷の自然美だけでなく、庭園や小径の造形美も大きいと思います。
th_DSC05690.jpg




 竹林の路。時代劇とかで、夜中に悪い人が走ってきそうな雰囲気のところですね。それか、旅番組のオープニングとか。
th_DSC05692.jpg
posted by みさと at 22:53| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

虫とりのうた

 赤星香一郎さんの長編ホラー小説です。

あらすじ
 作家を志して会社をやめ、妻に疎んぜられている赤井は、ある日河川敷で知らない男に追いかけられている、と少女に助けを求められる。しかし男は彼女の父親だと主張する。
 助けようと思ったが、妻や通りかかった老人・青年の言動により、何もせず少女を男に返してしまう。
 後に赤井は少女が殺されたことを知り、責任を感じた私は少女の葬式に参列する。そこで、「虫とりのうた」の呪いの噂を聞くが……。




 久々に読書感想です。嫌いじゃない設定の物語ですが……ゾクッとするのを狙っているような感じもしますが、どちらかというと気分が悪くなる様なタイプのホラー。主人公の人間性がすきになれなかったり、ありがちな設定でだれてきて、中々読み進まない。中盤から結末が見え見えで、ミステリ要素も強くない。虫取りのうたの、つじつまの合う解釈が多すぎて不自然というのも気になりました。
 自分の好みとしては、いまいちでした。上に挙げた「気持ち悪くなる」とか「主人公のうざい人間性」とかは、そういう演出でしょうから、そういうのが好きな人はこの本も好きになれるのでしょう。
 私としては、短編でテンポよく読めるなら、結構高評価だったかもしれません。

評価:C
posted by みさと at 23:15| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

嵐山校外学習

 先日は京都へ校外学習へ行きました。何度か書いたかもしれませんが、男子二人女子四人の班。京都でのは予定表に基づいた自由行動で、私たちの班は午前中に嵐山で天竜寺、野宮神社、御髪神社、常寂光寺を回り、午後は嵐山駅付近で食べ歩き買い歩きをしました。
 結構どこもじっくり見て回ったので、意外と時間がかかりました。残念なのは、紅葉のシーズンには少し早すぎたことですね。食べ歩きも楽しかったですよ。
 天竜寺は嵐山の定番中の定番ですが、やはり素晴らしいところ。奇麗なお庭で、外国人参拝客も多くいて少しお話をしました。
 野宮神社ではお参りのときにおみくじをひきました。幸いなことに大吉で、嬉しかったです。
 御髪神社という神社は、髪の毛の神様ということで、美容関係の参拝者が多いとガイドブックに書かれていたのですが……絵馬にははげ防止祈願のお祈りが多かったです。男性にとっては(いや、女性もだそうですが)切実な心配事ですよね。私も友人とともに将来のことをお祈りしました。そしたら班の女子に頭をチェックされてしまいました。笑。
 常寂光寺も大変奇麗なところで、ドラマに出てきそうな風景がいくつもありました。船越英一郎おすすめの梅干しや、山椒なども売られていまして、売人のおばちゃんと会話したこともよい想い出です。私は結構高かったので買わなかったのですが、班員の一人はセールストークに陥落して買わされていました。本当に美味しかったのですが……。
 午後は商店街の散策で、インターアクトの先輩へのお土産も買いました。買ったのは「ロシアンルーレットクッキー」。12個のクッキーの中に2個激辛のものが混ざっているそうです。金曜日にクラブに持っていきました。二人欠席なされた先輩がいるので、二つ残っているのですが、今のところ激辛のは一つだけ出ています。あてた先輩はよっぽど辛かったみたいで、凄い顔を為さっていました。
 後の二つに一つ、激辛……食べる側からするととても怖いですね。

 ほんとに、いろいろなよい想い出ができた校外学習でした。
posted by みさと at 17:43| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

風船ゴジラ

 我が校のインターアクト部では、バルーンアートを作っています。と言っても、たまにやるくらいなのですが、昨日は2時間ほどずっとバルーンの練習に費やしました。
 私ができるのはまだ
・犬(基本形/バリエーションあり)
・剣
・花
・魚
・ハート
・ゴジラ
・馬
 だけです。

 今回できるようになったのはゴジラと馬。ゴジラは、馬を失敗したときにできた偶然の産物です。馬は、殆ど成功せず。先輩の力を借りて一度成功しただけ。この他、今回はバルーンinバルーンという技術も修得しました。
 ゴジラなどは、子供受けがええんやないかな、と思います。

 行事等で、バルーンアートを作ったとき、大抵の子供たちが笑顔を見せてくれます。彼らの満面の笑顔を見ると、このクラブに入ってよかったと心の底から思います。


 風船ゴジラの親子です。あんまりゴジラに見えないなんて言わないでね……
th_DSC05671.jpg




 先輩に伝授してもらったバルーンinバルーン。工夫次第で、素晴らしいものも作れるんじゃないかと思います。
th_DSC05675.jpg
posted by みさと at 23:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする