2012年11月30日

三郷のいちご栽培(三郷町)

 三郷町の特産の農産物って何か思い浮かぶでしょうか。私はふとそう思い、調べてみました。それで見つけたのが今日紹介するいちごですが、現在は残念ながらあまり行われていないようです。今回は三郷のいちごの歴史について短くお話しします。
 いちごの栽培は大正14年頃、立野ではじまりました。干ばつで米の収穫量が少なく、坂根垣内の坂田清太郎氏が米の代替となるものとしていちごを育て始めたのがはじまりです。郡山の平端に行ったときに柿と一緒に持って帰り、栽培を始めました。昭和のはじめ頃からは信貴山のふもとの観光農業として盛んになり、食料農作物(米・麦・さつまいも・馬鈴薯・大豆)の生産が制限された戦時下でも密かに栽培が続けられました。また米との二毛作も行われました。
 また河合町の大輪田でも三郷町と同様の経緯で広まり、同様の発展を見せました。
現在では範囲は斑鳩町などにも広まりましたが、文頭で飲めたとおり三郷町内には殆ど残っていません。信貴山のどか村で生産されているのが数少ない例です。
 昔名産だったものが今や……というのは現代の社会ではよくあることですが、やはり身近な地域にもそういうものがあると寂しくなります。柏原や羽曳野のぶどうなどもそうならないようにしたいものですね。今ある数少ない生産は絶えませんように、と思います。


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 18:16| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

期末試験に向けて

 更新頻度ががた落ちで、一週間おきになっていますね……。卒業研究・期末試験勉強で忙しくて、中々ブログに手が回らないです。読書の記事なんて、10冊近く書いていないのが溜まっています。
 さて、昨日は学校を終礼だけ早退して習い事の発表会へいってきました。珍しく満足できる出来で、嬉しかったです。「英検準二級の二次試験にあと三点で落ちた」という結果を学校を出る直前に先生に渡されて落ち込んでいましたが、発表会でその心の傷をある程度埋めることができました。ああ、でもやっぱり悔しいです。一次試験は大分余裕を持って合格できたのに……。
 過去の失敗を悲しんだり、成功に喜んだりするよりも、次の期末の勉強をしないと、ですね。期末試験が終わったら四時間授業で大分楽になるので、試験後を楽しみにしていたりもしています。
posted by みさと at 22:15| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

古町春日神社(柏原市)

 今回は古町の春日神社を紹介します。

 この神社の御祭神は天児屋根命、建御雷命、経津主命、叱当スです。
 この神社は元来畳屋甚右衛門氏の家に私祭していたものが、代官の万年長十郎によって大和川堤防の空き地に勧請されたものです。『柏原町史』によると現在(昭和30年)は築留(つきどめ)にあるとなっています。
 『柏原町史』など多くの古資料に記述があり、また数多くの御祭神があることからかつては大きい神社だったと考えられます。現在は神社として地図に記載はありませんが、古町の街道から少し裏(北方)に入ったところにある児童公園の一角を占める小祠として残っています。


 資料を読んでいるとよく出てくる割に所在が分からなかったので、かねてより気になっていた神社です。ふとしたことで発見したので、すぐに見に行きました。古町と資料には書いてありましたが、現在の町名は上市一丁目です。閑静な住宅街の中にさりげなくありました。小さなまちのほこらがかつては大きな神社だったかもしれないと思うと、時の流れの力を驚異に思うと言えば良いのでしょうか、どこか不思議な感じがします。学校で何度も教えられた「無常観」という言葉が思い出されました。
th_IMG_2083.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 22:55| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 町のほこら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

生徒会選挙

 昨日、学校で後期生徒会選挙がありました。私達中三にはもちろん被選挙権はなく、投票するだけでした。知人が結構な数が出て中々思うべきことが多くあった選挙でした。

 さて、私は良いと思った人に素直に投票したのですが……残念ながら中一の部(役員)・中二の部(会長・副会長)ともに落選。落選の報に落ち込みはしませんでしたが、驚きました。
 人に言うと驚かれるのですが、中一の頃より私が投票した人物が当選した試しがありません。今回もそのジンクスが守られました。友人には「落ちてほしい奴に投票した方がええんとちゃう?」とまで言われる始末です。
posted by みさと at 23:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

金刀比羅宮(三郷町)

 今回は龍田大社近く・立野南一丁目にある金刀比羅宮(ことひらのみや)を紹介します。

 金刀比羅とは蛟竜や鰐の意味で、般若経や王舎城の守護神ですが、明治以後、大物主神と同一視されました。海上交通や漁師を司る神様だそうです。「こんぴらさん」と呼ばれ親しまれていますね。
 金刀比羅宮の総本社は香川県仲多度郡琴平町の象図山にあり、江戸以降、全国普及の波に乗ってこの立野の地にもやってきました。天正16年(1588年)7月10日に創建されたそうです。金刀比羅宮は河川近くの高台で祀られることが多いそうですが、この社もそれに漏れず馬場垣内の高台にあります。
 御祭神の大和川の剣先舟・魚梁舟(やなぶね)の舟運を護る神様として毎年7月10日に祭りが行われています。かつて昭和10年代頃までは昼は柿の入札のお金でお祭りをし、御神酒を飲み、夜には出店もあったそうです。
 また一緒に立像の不動明王がお祀りされています。こちらは金刀比羅宮より古く文明6年(1474年)の創建です。不動明王は知恵などを司ります。
 ちなみに、このお社は老朽化のため平成23年建て替えられました。
 解説版にご利益がまとめられていたので、それを引用しますと、「厄除け 学業成就 家内安全 家相開運 交通安全 安産祈願 農耕神」だそうです。


 金刀比羅宮。卒研のフィールドワークで龍田大社へ行ったときに発見しました。きれいなお社で、由緒書きまであったので驚きました。
th_IMG_0072.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 21:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町のほこら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

神戸へ

 今日は中学の校外学習で神戸へ行ってきました。男子三人・女子五人の班別行動で北野の異人館街と南京町を歩き、その後で震災博物館へ行きました。
 うちの班は、無事にとは言えませんが、大きな波乱もなく終わりました。バスの延着で南京町に滞在する時間が短くなってハードスケジュールになったり、チェックポイントやトイレの場所を探すのが大変だったり……。なんやかんやとありましたが結構楽しかったです。
 震災の博物館では色々と、背筋がぞっとするような映像や写真を見せられたりで、勉強にはなりましたが、やはり憂鬱な気分に成りました。怖いですね、天災って……。
posted by みさと at 22:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

多聞地蔵(三郷町)

 今回は三郷町立野北一丁目にあるお地蔵様を紹介します。
 花崗岩製で「半肉彫り」と呼ばれる彫り方のお地蔵様で、三郷町と王寺町を結ぶ青い橋「多聞橋」の側にあります。お地蔵様のは昔の、石橋時代の多聞橋が使われています(多聞橋は木、石、コンクリート潜水橋、鋼製と何度も架け替えられています)。
 衣を着ているので外からは分かりませんが、解説版によると「両手を胸前に組未宝珠を持つ清花連座に坐している」そうです。
 このお地蔵様は弘化三午年(1846年)七月、信貴山朝護孫子寺へ向かう参拝者の交通安全を祈り建てられました。それ以来、王寺方面への通勤通学者など、他の方面へ行く人も交通安全を記念するようになりました。
 このお地蔵様のある坂根(坂下)地区は信貴山への古い道標が多く、信貴山への登山口の色が強いです。150年以上、坂下の住人はこのお地蔵様を厚くお祀りしてきました。

説明板に 「多聞地蔵和讃(和讃:和語の讃歌)」が書かれています。
「幾百年の歳月を 雨降る夜も風の夜も
 みちゆく人々御守護成し 受けしすくいは数しれず
 皆その徳をしたいつつ 朝夕御香のたゆるなし
 げにありがたや地蔵尊 げにありがたや地蔵尊」


 多聞地蔵。幾度となく多聞橋を通っているのですが、お参りしたのは初めてです。自転車であちこち走り回っている私にとって交通安全の祈念は特に必要ですね。
th_IMG_2089.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 22:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 町のほこら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする