2012年06月30日

藤井 〜〜王寺の原風景〜〜(王寺町)

 交通の要衝であるが故の宅地開発で、王寺からは集落地と呼べるような場所は消えているのではないかと思っていました。ですが、明神山麓にある"藤井"と呼ばれる地域にそんな地域があります。
 今日はそんな藤井について紹介します。

 江戸時代、集落の近くを流れる大和川では水運が盛んでした。ここ葛下郡藤井村と安宿郡国分村(現柏原市)、大県郡峠村(現柏原市)の境界の亀の瀬は川底が浅く、流れが急な為、舟の通行が出来ず、河内側の剣先舟(国分村・志紀郡柏原村所有)と大和側の魚梁舟(やなぶね・平群郡立野村)、そして藤井村の藤井問屋に分業して水運を担っておりました。魚梁舟が川を使って荷物を輸送するのに対し、藤井問屋は牛馬を使って亀の瀬から大和各地に陸運をおこなっていました。
 昭和七年には、中河内郡堅上村峠からこの藤井の山間部にかけて地辷りが発生しました。大和川が隆起したせいで上流から流れてくる水が停滞し始めました。周辺の村々はもとより、最悪北は郡山や奈良市内、南は高田や橿原までが水没してしまう危険性が示され、奈良県などは大和川を掘削するなど対策をしましたが、三郷村の立野と王藤井を結ぶ大正橋がまず浸水し、宇智郡五條町から渡し船を借りて代替するという事態になりました。それから間もない6月3日、大和平野は大雨に見舞われ、危険を感じた藤井区民は王寺町に要求し、避難住宅を用意してもらいました(6月28日完工)。完成した二日後の6月30日から7月1日にかけてまた豪雨が降り藤井集落の25戸が沈水。王寺駅周辺の市街地も洪水に見舞われました。

 藤井は王寺町の住宅地の中で最も西にあります。国道25号線沿いにマンションや新しい住宅があり、三郷町方面から国道を渡って奥(南)に進むと集落地に着きます。
 グーグルの航空写真を見ていただくと分かるのですが、藤井集落は王寺の他の住宅街と山地で隔たれています。町内の他の地域に行くには、国道25号線に沿ってそれなりに走らなければなりません。
 一変、三郷町の立野南住宅地(旧集落でいうと立野高山)には近く、駅も三郷駅の方が近いです。とは言え、立野とは川を隔てています。昔は橋がなかったことを考えると、やはり心理的な距離があるのでしょう。
 上記のことから、今はいざ知らず昔は他のどの旧集落からも離れた立地であることが分かります。そんな歴史が藤井を開発の波から救ったのかもしれません。
 新興住宅地は少ないのですが、現在藤井は住居表示が実施されており、藤井一〜三丁目と畠田の飛び地に分けられています。


 藤井の町並み。基本的に王寺は市街地しか行っていなかった私には、この町並みが大変印象的でした。数少ないながらも大和棟の家がありました。本当にのどかな、美しい集落でした。また行きたいなぁ……。
th_IMG_0013.jpg




th_IMG_0014.jpg




th_IMG_0015.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 20:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

川畑 〜〜吊り橋と新興住宅地〜〜(柏原市)

 大阪府柏原市堅上地区に"川畑"というところがあります。市民の方でもおそらく耳にしたことがない人が多いと思います。場所はというと、大和川沿いで芝山の東の対岸。つまり、青谷運動場のある辺りです。
 今回はそんな川畑について紹介します。

 地名の語源は恐らく「川の端」即ち「川端」から字が変わって「川畑」となったと思われます。現在「川端橋」という吊り橋があります。
 村としての歴史なのですが、資料があまりに少ないので正確に遡ることはできません。はっきりと存在が分かるのは明治20年。柏原市史第三巻に収録されている明治20年の地図によると大字青谷の内に"字川畑"とあり、四軒ほどの家屋が見られます。このことから川畑は青谷の枝郷とわかります。ちなみに享保20年に発行された『河内誌』の大県郡青谷村の項には、属邑の記載はありません。
 また、古代には竹原井頓宮(たかはらいとんぐう)という竜田道を行く天皇の休憩場所がここにおかれたという説が有力です。河内国分尼寺がおかれたという説があります。さらには、ここが「鳥取千軒」と呼ばれていることから鳥取郷の中心が置かれていたと推測されます。
 川端橋の説明書きによると、川畑との近辺(その対岸のジェイテクト周辺を含む?)は夏目茶屋という地名で呼ばれていました。現在でこそ橋が架かっていますが、昔はここで対岸へ舟渡しをしていたそうです。また、茶屋がありその付近にナツメの木が植わっていたのでここが「夏目茶屋」という地名になったと伝えられています。

 川畑は堅上唯一の平地で、現在は旧集落は残っておらず、農地・運動場が主な土地利用です。また、堅上地区では数少ない市街化区域に指定されており、小規模な住宅地も存在しております。堅上地区での新興住宅地はここだけです。


 川畑の町並み。閑静な住宅地で、人とはあまりすれ違いませんでした。地元の人たちは川畑を何と呼んでいるのか、ふと気になりました。
th_IMG_0008.jpg




th_IMG_0011.jpg




 昔からありそうなものと言えばこの祠くらいです。
th_IMG_0007.jpg




 川端橋。自転車で渡ってみると中々スリリングです。対岸は国分東条のジェイテクト工場近くとなっています。
th_IMG_0152.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 22:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤオヒコ・店舗完成!? (柏原市)

 6月24日日曜日、ヤオヒコの様子を見に行きました。どうやら店舗が完成した模様です。店名を照らすライトが付き、横の黄色い食堂らしき建物に店の名前が書かれました。その建物は「Molto Buono<モルト・ボーノ>」という「具だくさん生パスタ」の店となるようです。

 平成24年6月24日
th_IMG_0001.jpg

 前の記事
 ・8月31日 ダイエー柏原店閉店
 ・ヤオヒコ柏原店
 ・続報 ヤオヒコ柏原店
 ・工事中! ヤオヒコ柏原店
 ・ヤオヒコ・工事の進捗

 続きの記事
 ・ ヤオヒコ・看板および駐車場
 ・ヤオヒコ開店日
 ・ヤオヒコ柏原店開店!


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 19:26| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

図書館の女王を捜して

 新井千裕さんの長編小説です。

あらすじ
 何でも屋を始めた私に、久しぶりの依頼が舞い込んだ。私を絵に描きたいそうだ。一も二もなく承諾した私は、二人の男女と会う。画家と名乗る男は私の絵を描いたが、実は彼は心霊画家で私に憑いている霊を描いたらしい。私は半信半疑であったが……。




 なんだかほんわかとした物語でした。引き込まれる物語とは言えませんでしたがいつまでものんびりと読んでいられました。恩田陸さんの『夜のピクニック』を彷彿とさせます。
 妻に先立たれた夫の寂しさがひしひしと伝わってきました。彼の期待、失望などがなぜかリアルに感じました。
 後書きが印象的ですが、本編の方が私はお気に入りです。

評価:B
posted by みさと at 20:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

ひとり

 新津きよみさんのホラーサスペンスです。

あらすじ
 14歳の桃子とすみれは二人でバスを利用した小旅行に出かけた。ところが、そのバスは谷底に転落し、二人は大けがを負う。救助を待ったが、すみれは「わたしの分まで生きてね」と言葉を遺して息絶えてしまった。
 その後、桃子は自分の中にすみれが生きているような感覚を得た。
 桃子が32歳の年、都内で連続女性殺人事件が起こるが……。




 『左手の記憶』収録の『奇跡の少女』を土台に踏んだような作品でした。
 ホラーと言いつつもサスペンス色の濃い作品。幽霊も出てきますが、恐ろしいのは犯人の狂った心情でした。あんなことをされたからと言って……と思うのは、やはり私が強烈なその手の経験をしていないからなのでしょうね。
 ネタバレ・反転→桃子は「頭に怪我をして、顔に血を流して、服を泥だらけにした」すみれと十八年間一緒だったのですね。少し恐ろしい気もしますが、それを恐れないのはやはり友情なのでしょうか。

評価:B
posted by みさと at 11:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(新津きよみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

上徳谷 〜〜風光明媚な棚田風景〜〜(柏原市)

 今回は大阪府柏原市の山中に上徳谷と呼ばれる道があります。
 河内堅上駅から青谷集落の中を進み、府道183号本堂高井田線に出ます。それ沿いに北上すると、左手に柏原市立堅上中学校が見えてきます。堅上中学校の校門の脇に道があるので道沿いに進むと上徳谷です。この谷は横尾集落まで続いています。

 この谷は主に農業に利用されており、雁多尾畑や横尾の方々が棚田やぶどう畑を作っておられるようです。
 大変風景がきれいな谷で、大阪市からたった20キロの距離とは思えませんでした。
 横尾から堅上駅方面に抜けるショートカットコースとしても使えます。車は通れませんが、自転車は十分通行できます。集団での通行はやめた方が良いとは思いますが……。
 町並みではありませんが、一つの狭い地域を紹介するということで、この記事はカテゴリ「あの街この町」に入れます。


 上徳谷の風景。柏原にもこれだけの規模の棚田があったんや、とびっくりしました。柏原市で最もきれいな風景の一つではないでしょうか……。結構長い谷ですが、歩いていて飽きません。
th_IMG_0023.jpg




th_IMG_0024.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 20:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車紀行 信貴山行

 昨日は警報で学校が休みでした。九時までには解除されると思っていたのですが、結局学校周辺のみ未解除のまま。自宅近辺は晴れているのに……。
 家でおとなしくしておこうと思っていたのですが、妹が友達と難波に行ってくると発言。それなら私もどこかへ出かけてやろうと思いました。

 地元の友達は学校に行ってるし、学校の友達はみんな家が遠いから誘ってもこっちへ来るのに時間がかかる。という訳で、一人でサイクリングに行きました。行き先は信貴山。観光する時間はないので周辺の集落・柏原市の本堂と三郷町の南畑を散策しました。
 コースは太平寺から高尾山に登り、生津・横尾集落、上徳谷、雁多尾畑を通って本堂集落へ向かう道を取りました。本堂は雁多尾畑から大分離れており、どちらかというと南畑と交流が深かったのではないかと思いました。また、かなりの急坂で殆ど自転車を押して進みました。本堂からは信貴山の観光地らしい町並みを眺めながら南畑集落へ。結構大きな集落で、「南畑集落センター」なるものもありました。本堂・南畑では大和棟の家が数多く見られました。

 上徳谷と本堂・南畑に関してはまた今度の機会に詳しく紹介します。


 ルート:万代大県店_柏原ぶどう看板_生津集落_横尾集落_上徳谷_堅上中学校_雁多尾畑集落_本堂集落_とっくりダム湖_信貴山西観光街_信貴山朝護孫子寺_信貴山西観光街_南畑集落

 通過市町村  合計1市(1郡)2町
 大阪府:柏原市
 奈良県:生駒郡三郷町・同郡平群町
posted by みさと at 18:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日帰りの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

指名手配 特別捜査官 七倉愛子

 新津きよみさんのサスペンス小説です。

あらすじ
 海外で離婚し、日本に帰ってきた靴好きな女・七倉愛子。彼女は帰国後、警視庁の雑踏捜査班に就職した。彼女は生まれつき備わっている絶対音感と海外で習得した数々の言語を活用して、指名手配犯を雑踏の中で探す……。




 『トライアングル』の関連作です。それなりに重要な役割として郷田亮二が出てきます。
 純粋なサスペンスですが、やはり人物の心情描写に重きを置いているのが感じられました。特別気に入ったという点はありませんでしたが、誰にも好き嫌いされないと思える小説でした。

評価:B
posted by みさと at 12:32| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(新津きよみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリ編集

 記事が増えてきて、これからも増える見込みがあるので、カテゴリ「読書(その他の著者)」から「読書(新津きよみ)」を独立させました。

 また、少し前のことですが、「郷土」から「地域情報」を独立させました。
posted by みさと at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎

 浅井建爾さんの本です。現在の都道府県の成り立ちや県境の変化について書かれています。

 身近な行政単位としておなじみの県の成り立ちというものは意外と知らないものです。堺県があったことぐらいは知っていましたが、柏崎県や敦賀県、長浜県など初めて聞く県名がいくつもあって驚きました。
 県境の変化というのも読んでいて面白かったです。摂河泉の三国でできていると思っていた大阪府に旧丹波国の地域があったこととか、和歌山県の飛び地・北山村のこととか。
 ちょっとした知識としてこの本に書いてあることを覚えておくと、いつか役に立つことがあるかもしれません。

評価:B
posted by みさと at 18:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする