2011年01月29日

交換殺人には向かない夜・もう誘拐なんてしない

 今日は東川篤哉さんの『交換殺人には向かない夜』『もう誘拐なんてしない』を紹介します。

 どちらも裏表紙の解説を読むと、本のジャンルが「ユーモアミステリ」であることが分かります。書き方は漫画っぽいのですが、それはそれで面白いです。内容そのものも面白く、思わず笑ってしまう箇所が沢山有ります。ミステリとしてもかなりの出来です。私はこの二つの作品を読んでユーモアミステリを見直しました。
 『交換殺人には向かない夜』はタイトル通り交換殺人の話です。叙述トリックも所々仕組まれています。様々な人物の視点から見ているからこそのトリックです。ギャグもギャグ漫画と同じような面白さがあり、かなり笑えます。

 『もう誘拐なんてしない』は狂言誘拐の話です。きちんと死体が出てきます。一番笑ったのは身代金要求の電話をかけるところですね。終盤は普通のミステリとあまり変わらない…と思いきや、やはり「笑い」があります。

『交換殺人には向かない夜』評価:A
『もう誘拐なんてしない』評価:B
posted by みさと at 22:55| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(東川篤哉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

ミステリアス学園・パラドックス学園

 今回はネタバレなしです。

 今日は冬休みに読んだ『ミステリアス学園』『パラドックス学園』を紹介します。作者はどちらも鯨統一郎さんです。
 『ミステリアス学園』はミステリ入門に最適、と説明に書かれていますが、結構分かりにくいネタが多いので、沢山ミステリを読んだ人の方が楽しめそうです。犯人、凶器は本当に意外でした。
 『パラドックス学園』は私が読んだ鯨作品のなかで、もっとも面白かった本です。これは読み終わったとき、思わず上手い!と言いたくなりる本です。なんと言いますかね…サーカスで上手な演技を見たときのような爽快感があります。
 あと鯨統一郎さんの作品全般に言えることなのですが、ジュニア小説のように軽く読め、人物一人一人の容姿の説明が細かいです。

『ミステリアス学園』評価:C
『パラドックス学園』評価:A
posted by みさと at 22:14| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(鯨統一郎) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

奈良観光の旅其の二 西大寺・薬師寺など

 昨日も奈良へ行ってきました。

 まず上本町まで行き、友達と合流。近鉄で西大寺へ行きます。途中であおぞら号を目撃しましたが、写真は撮れませんでした。
th_IMG_0004.jpg




 西大寺では愛染堂と本堂を拝観しました。
th_IMG_0008.jpg




th_IMG_0007.jpg




 駅に戻ると列車に乗り、西ノ京へ移動。車輌は3000系でした。
th_IMG_0016.jpg




 西ノ京駅を出るとすぐ側の薬師寺を拝観しました。
th_IMG_0022.jpg




th_IMG_0030.jpg




 西塔
th_IMG_0026.jpg



 東塔
th_IMG_0029.jpg




 西ノ京駅に戻り、西大寺駅に移動します。その途中でビスタカーを撮影しました。
 西大寺から奈良に移動した後ミスドで食事をします。珈琲のお代わりが自由なので沢山飲みました。



 食事後、奈良公園で遊んでからJRで帰りました。
th_IMG_0078.jpg




th_IMG_0095.jpg




th_IMG_0094.jpg
posted by みさと at 22:25| 奈良 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日帰りの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

奈良観光の旅其の一 法隆寺・東大寺など

 1月16日は友人二人と共に自宅から非常に近い都市、奈良を観光しに行きました。


 まず集合する駅に集まって法隆寺駅へ移動。

 旅のお供は森村誠一さん作の『ホームアウェイ』。
th_IMG_0014.jpg




 法隆寺駅は大変個性的な駅でした。
th_IMG_0017.jpg




 法隆寺まで徒歩で移動。
th_IMG_0024.jpg




 ガイドさんのお話を聞きながら法隆寺を回りました。建物の内部は撮影禁止なので写真は撮っていません。
th_IMG_0028.jpg




th_IMG_0031.jpg




th_IMG_0035.jpg




 法隆寺を出ると駅まで戻り、列車で天理まで移動します。

 高田から乗ったのはなんと単色の105系!
th_IMG_0046.jpg




th_IMG_0047.jpg




 天理駅
th_IMG_0049.jpg




 続いて列車で奈良へ移動。奈良駅から徒歩で興福寺へ。

 興福寺を少し見て回りました。
th_IMG_0054.jpg




th_IMG_0056.jpg




 興福寺から東大寺へ移動。途中で鹿に出会いました。
th_IMG_0059.jpg




 今回の最終目的地、東大寺に到着!
th_IMG_0061.jpg




 もちろん大仏殿を拝観。
 内部の写真を撮ってもよいそうです。年に何度も奈良に来ているのに、1月16日まで撮ったら駄目だと思っていました。
th_IMG_0066.jpg
posted by みさと at 21:38| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日帰りの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

二上山雌岳

 1月5日は伯父、伯母、伯父の家にホームステイしている留学生と一緒に雌岳に行ってきました。今日はその記録を公開します。



 まず車で登山口まで。
th_DSC01670.jpg




 最初は階段が続きます。
 あそこまで登ります。雪彦と違って軽いハイキングですね♪ 
th_DSC01677.jpg




 軽い岩場…にある大岩
th_DSC01680.jpg




 展望。
th_DSC01683.jpg




 少し急ですが、雪彦と比べれば…。
th_DSC01688.jpg




 途中に展望台が有ったのでそこからの眺めを。
th_DSC01693.jpg




 頂上に到着!
 そこからの景色
th_DSC01705.jpg




th_DSC01708.jpg




 三角点
th_DSC01703.jpg




 集合写真を撮った後、下山。
th_DSC01714.jpg




 下山は岩屋ルートで。
 岩屋の側にある岩屋杉
th_DSC01717.jpg




 後はひたすら下るのみですが、途中で面白いものを見ました。椿のアーチです。
th_DSC01721.jpg




 登山口に戻ると車に乗り、道の駅へ。ここでお土産を買ってもらった後、伯父の家へ。そこでゆっくりしてから自宅へ帰ります。
posted by みさと at 22:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰りの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

容疑者Xの献身・赤い指

 今回は犯人をバラしていますが、どちらも倒叙小説(犯人が最初から分かっている小説)なので安心してお読みください。

 昨日はドラマ・容疑者Xの献身を、1月3日はドラマ・赤い指を23時過ぎまで見ていました。今日はその二作品を紹介します。どちらも東野圭吾さん原作です。

 『容疑者Xの献身』は主役・石神が隣人母子が犯した犯罪を隠蔽するため努力する、という話です。今回はネタバレ無しということで詳しい解説はひかえます。この作品はドラマ化であまり劣化もしておりません。多少省いているところはありますがそれでも十分見応えがあります。
 一番良かったのはラストシーンで、小説・ドラマともに泣かずにはいられないほどです。

 『赤い指』は息子の犯罪を親が隠蔽する話です。痴呆症のお祖母さんが重要な役割を担っています。これの面白さは読んでみないと分かりません。『容疑者Xの献身』には一歩劣りますが、東野圭吾の傑作の一つでしょう。

『容疑者Xの献身』小説評価:AA
        映画評価:AA
『赤い指』小説評価:A
     ドラマ評価:B
posted by みさと at 11:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(東野圭吾) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

本屋

 昨日、一昨日は本屋へ行ってきました。購入したのは鯨統一郎さんの『パラドックス学園』『ふたりのシンデレラ』『京都・陰陽師殺人』、東川篤哉さんの『交換殺人には向かない夜』です。東川篤哉さんの作品は全く読んだことが無いのですが、タイトルに魅かれて買いました。


 滅多に行かない本屋で買ったのですが、品揃えが悪いです。しかしそれを補うためにか、本を「注文」できます。私は早速『ミステリアス学園』を注文しました。届くのが楽しみです。
posted by みさと at 18:38| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする